結婚したい人

「女性社員からの人気は、ダントツだけどね。」

 

 

ハッ!

 

 

 

由香の言葉を鼻で笑った。

 

 

 

みんなあんな鬼のどこがいいの?

 

 

 

そりゃあ…ちょっと…いやかなり顔は、カッコいいけど。

 

 

それだけじゃん!!

 

 

 

全然優しくないし私は、絶対勘弁!!

 

 

________

 

 

 

「何か今日荒れてるね?」

 

 

 

私の頭を撫でながら章司がポツリと呟いた。

 

 

 

章司の胸に埋めてた顔を慌てて上げた。

 

 

 

優しく微笑む章司。

 

 

 

キュン!キュン!

 

 

 

 

「何かあったの?」

 

 

 

優しく問い掛ける章司に私は、首を横に振った。

 

 

 

せっかく章司といるのにあの鬼課長のせいで、台無し。

 

 

 

今日一日怒鳴られまくって、クタクタだった。

 

「フッ。」

 

 

 

チュッと私の唇に触れるだけのキスをすると章司は、ベッドから抜け出した。

 

 

私もゆっくりと起き上がる。

 

 

 

章司は、鞄から何やら取り出しベッドに腰掛ける。

 

 

 

章司の手には、小さい箱。

 

 

 

ドキッ!!!!

 

 

 

ま、まさか!!!!

 

 

ドキドキと心臓が鳴り出した。

 

 

「七美。これ七美に…」

 

 

ちょっと待って!!章司!!

 

 

まだ、心の準備が!!!

 

 

パカッと章司が箱を開けるとそこには、光り輝く…

 

 

んっ!?

 

 

光り輝く…ピアスが…

 

 

「七美に似合うと思って。」

 

 

ニコッと章司は、爽やかに微笑んだ。

 

 

「…」

 

 

あはっ。

 

 

なーんだ。

 

 

ピアスか…

 

 

なーんだ…

 

「七美?」

 

 

章司が俯く私の顔を覗き込んでくる。

 

 

「あっありがとう!!凄く嬉しい!!」

 

 

私の反応を見て、満足そうに笑うと私の額にソッとキスをした。

 

 

 

勘違いして、早とちりしちゃったけどやっぱり嬉しい!!

 

 

 

突然のサプライズプレゼント!!

 

 

 

やっぱり章司は、完璧だよ。

 

 

 

完璧で、私の自慢の彼氏…

 

 

 

「章司大好き!!」

 

 

 

章司の胸に抱きつく私を優しく受け止めて、「俺も好きだよ。」って頭を撫でてくれる。

 

 

 

そして、そのまま第二ラウンド開始。

 

 

 

幸せ?。

 

 

 

今日怒鳴られまくったこととかもう頭から抜けていた。

 

 

 

今回は、早とちりしちゃったけどいつか章司から…

 

 

 

その時は、今よりもっと幸せなんだろうな。